« 目標設定を実践していないリーダーは、リーダーとして不適格! | トップ | 知っていることを話しても人の心は動かない。信じていることが人の心を動かす。 »

2016年2月19日

希望やモチベーションを与えること、目標達成へ導くことは指導者の仕事であり責任です!

『希望やモチベーションを与えること、目標達成へ導くことは指導者の仕事であり責任です!』


指導者の指導や研修・トレーニングを受けながら、人が目標達成を目指して行動していく過程で、


指導者には、これまでの指導経験や、進捗状況から判断して、指導対象の人が、特定の目標を達成できることが分かっていても、見えているとしても‥‥‥


指導を受ける側は、その目標を達成できるかどうかに、不安や疑念を持つことがあります。


「自分には、目標達成は無理なのではないか?」

「このまま努力しても、自分は目標に到達できないのではないか?」

などと。


指導者は、その感情を敏感に察知できなければなりません。


「指導を受ける人が、自ら質問したり、アドバイスを求めるべきだ。」という考えは、捨てましょう。


それまでのコミュニケーションの状況にもよりますが、そのような状況で、自ら積極的に質問をしたり、アドバイスを求められる人は、少ないものだと記憶してください。すでに消極的な思いに満たされているのですから。


もし、指導者が、不安や疑念に気づかずに、何も行わなければ、指導を受けているその人は、目標達成をあきらめて、行動をやめてしまうかも知れません。


また、あきらめない場合も、「できないのではないか?」と考え、思いながら、行動し、努力することになりがちです。


不安や心配、恐怖や疑いなどの消極的・否定的な思いを抱きながら、いくら努力しても、本来、発揮可能な力は発揮できず、目標達成の可能性は大きく減少してしまいます。


その時こそ、指導者励ましが大切です


例えば、

「できるよ!」 「必ずできますよ!」

「大丈夫だよ!」 「達成できますよ!」

「心配しなくて大丈夫ですよ!」などと。


すでに良い点・長所も、ほめてあげましょう。


あなたが、彼や彼女の努力を認めていることも‥‥‥


指導を受ける人は、希望を見出し、自信と積極性を取りもどして、目標達成へ前進していくことでしょう。


希望やモチベーションを与えること、目標達成へ導くことは、指導者の仕事であり、責任です


人の心を暗くするのも、明るくするのも、

人を消極的にするのも、積極的にするのも、

指導者次第なのです。


加えて、目標に向かって更に前進するための的確な助言・アドバイスを同時に与えれば、いっそう効果が上がります。


人は、理性だけで動いているのではなく、むしろ、モチベーションによって行動していることを良く学んでください。


指導者自身の成功のためにも、指導を受ける人びとの成功のためにも、指導者は、各分野の専門的な知識、技術やスキルだけではなく、モチベーション目標設定コミュニケーションについて精通することが重要です。


指導者は、彼らの現在だけではなく、生涯におよぶ影響力を持っているのです。


希望やモチベーションを与えるための原則とノウハウ、効果的な指導、助言やアドバイスを行う方法などは、特に以下のSMIプログラムを良く参照してください。また、SMIの社員研修・幹部研修をご利用ください。


★『アート・オブ・エンパワリング・ピープル(R)』【AEPプログラム

 ◇他の人びとをモチベートし、潜在能力を最大限に発揮させ、目標達成と成功へと導く、リーダー・指導者として成功を収める最大の秘訣を提供するプログラム


★『エフェクティブ・コミュニケーション(R)』【ECPプログラム

 ◇コミュニケーション能力は、個人生活・ビジネス生活両面の成功の鍵です。このプログラムで、相手から思い通りの反応を引き出すコミュニケーション能力を獲得してください!!


★『経営能力の効果的開発(R)』【EMDプログラム

 ◇あなたの経営能力を開発し、事業と組織の競争力を高め、経営の成功、ビジネス・組織の繁栄を実現するために「世界最高の経営ノウハウ」を網羅したプログラム


★『マネジメント・サクセス・プランナー(R)』【MSPプログラム

 ◇『経営能力の効果的開発(R)』【EMDプログラム】と
  『エフクティブ・コミュニケーション』【ECPプログラム】のセット


★『サクセスフル・マネジメントの威力(R)』【DSMプログラム

 ◇あなたのリーダーシップとマネジメント能力を向上させ、組織として、高い成果を実現するためのプログラム


社員の潜在能力活用とモチベーション向上を!-SMIの人材育成・社員研修・社員教育プログラム


各SMIプログラムESP(本体・補充用紙)のお問合せ・お申込み・資料のご請求、SMIの社員研修・幹部研修のお問合せは、当社までお気軽にご連絡ください。

 

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
  047-767-0171


★関連記事:

 ▽人びとをモチベート、リード、指導、教育することを成功させる基本的心構え・考え方


SMIブログの記事、各SMIプログラムや『ESP』(エグゼクティブ・サクセス・プランナー)の活用方法についてのご質問やご相談は、いつでもお気軽に、当社までご連絡ください。

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
  047-767-0171


各SMIプログラムと『ESP』(エグゼクティブ・サクセス・プランナー)を活用して、今日も、目標達成と成功、変化と成長の実現を!!


フォローアップを活用されている方ほど、より高い成果を上げておられます。フォローアップを、是非、有効にご活用ください


SMI:無料相談募集中

 当社では、個人や組織の業績向上、目標達成、問題解決、人材育成等についての「無料相談」(お電話またはご面会にて)を受付しています

 「無料相談」をご希望の方は、お気軽に、お電話にて、お申込み・お問合せください。ご連絡をお待ちしております。

 ▼無料相談のお申込み・お問合せ:

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
  047-767-0171


★ビジネスと人生の成功問題解決目標達成モチベーションアップ能力開発のために、各種SMIプログラムをご活用ください!!

 SMIプログラム 一般向け プログラム ラインアップ

 ビジネス(仕事)と人生を成功に導くSMIプログラム

 SMIファミリーコース・プログラム ラインアップ

 ESP【エグゼクティブ・サクセス・プランナー:携帯用成功行動計画】の活用を!

 社員の潜在能力活用とモチベーション向上を!-SMIの人材育成・社員研修・社員教育プログラム


各SMIプログラムESP(本体・補充用紙)のお問合せ・お申込み・資料のご請求、SMIの社員研修・幹部研修のお問合せは、当社までお気軽にご連絡ください。

 

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
    047-767-0171


SMIプログラムの「間を置いた反復(R)」と「目標設定」の実践は、あなたのモチベーションを向上させ、潜在能力を発揮させ、あなたのビジネス(仕事)と人生を切り開きます!!

 *SMIプログラムお問合せ・資料請求・お申込み・ご質問は、
  当社までお気軽にご連絡ください。
 *SMIプログラムの詳しいご説明も、お気軽にご用命ください。
 *あなたの周囲の方にも、是非SMIプログラムをご推薦ください。
 *当社のフォローアップを、有効にご活用ください。
 *当社ではSMIプログラムの販売活動とお客さまのサポートを行うモチベーターを全国で募集しています お気軽にお問合せください。

≪あなたの成功を心から祈りつつ‥‥≫

SMI公認エージェンシー サクセス・プロデュース東京ベイ
木村 常夫
047-767-0171
E-mail:smi@smi-tokyobay.com
<禁複製・禁転載>

SMI|SMIプログラム モチベーションアップ 自己啓発 能力開発:WEB TOPページ

SMIブログ モチベーションアップ・自己啓発・能力開発:TOPページ

ブログ記事をSMIモチベーション・メールマガジンとして配信中(PC・携帯)
  SMIモチベーション・メールマガジンお申込みページ

Facebookページ:SMI サクセス・プロデュース東京ベイ

Twitter:SMIプログラム


Copyright (C) 2016 SUCCESS PRODUCE TOKYO BAY CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

日別記事

2016年2月19日 18:38に投稿された記事です。

ZoomでSMIのご説明 ご予約受付

特別なスライドをご覧いただきながら、分かりやすいご説明を無料でお聞きいただけます!
お電話でのご予約も受付しています。 047-767-0171
受付時間 毎日 9:00~18:00

SMI お問合せ・ご相談

047-767-0171
受付時間 毎日 9:00~18:00
ご質問、Zoomでのご説明予約、お申込み他、何でもお気軽にお問合せ・ご相談ください。
TELイメージ

モチベーションメールマガジン・年間目標設定シートのお申込み

SMIモチベーション・メールマガジン☆無料配信中!(月~金曜日 休日除く)

月別リスト・全記事タイトル一覧

月別の記事 選択ボタン
月別の全記事を表示します

カテゴリー・リスト

カテゴリー選択ボタン
上のボタンをクリックして、リストの中からカテゴリーを選択してください。