« 積極的・肯定的な期待を持つことは指導することができる! | トップ | 変化へのコミュニケーションの温床は、相手を思いやり、認め、理解すること! »

2017年07月11日

人生は、これまで辿ってきた軌道に乗っている!

『人生は、これまで辿ってきた軌道に乗っている!』


それぞれの人の人生は、そのこれまで辿ってきた軌道に乗っていると言えます。


つまり、人生がその軌道上にあり、これからも、その軌道上を進んでいく、歩んでいく「蓋然性」(論理的可能性)が高いのです。


もし、何か有効な方策を取らなければ、その軌道から逃れることはできません。


軌道から離れたいなら、変化が必要です。


軌道を形成する元になっている「考え方」と「行動」の変化が必要なのです


詳細と具体的な方法・ノウハウは、該当するSMIプログラムを参照し、指示を実践してください。


各SMIプログラムSMIのシステム手帳エグゼクティブ・サクセス・プランナー』(ESP)<本体・補充用紙>のお問合せ・お申込み・資料のご請求、SMIの社員研修・幹部研修のお問合せは、当社までお気軽にご連絡ください。

 

  ▽お電話によるお問合せ・資料のご請求・お申込み:
   TEL 043-279-0071


★関連記事:

 ▽自己改革を確実に実現するためには、考え方と行動を同時に変革していくこと!

 ▽何かを反復しなければ人間は変わらない、能力は高まらない!

 ▽人の話しを聴いても、本を読んでも、人間は変わらない!

 ▽成功は、ラッピングやトッピングでは得られない!

 ▽モチベーションが変わらないと人生は変わらない。考え方が変わらないとモチベーションは変わらない。

 ▽信念は思考の反復によって、自信は行動の反復と勇気ある行動によって獲得できる!

 ▽“間を置いた反復(R)”は、思考と行動を強化・変革し、新しいあなたを創造する唯一の方法!

 ▽進歩・成長・変化しない人、進歩・成長・変化が遅い人の15の特徴

 ▽SMIプログラムの“間を置いた反復(R)”がもたらす成功者の習慣!

 ▽成功法則によって脳のプログラムを再プログラムすること|根本的な変化と真の成功実現への唯一の道!

 ▽時間とお金の自己投資:成功者の常識


SMIブログの記事、各SMIプログラムSMIのシステム手帳エグゼクティブ・サクセス・プランナー』(ESP)の活用方法についてのご質問やご相談は、いつでもお気軽に、当社までご連絡ください。

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
  TEL 043-279-0071


「電話セッション」等、当社のフォローアップを活用されている方ほど、より高い成果を上げておられます。当社のフォローアップについてのお問合せは下記までお電話ください。

  SMI サクセス・プロデュース東京ベイ
  TEL 043-279-0071


≪あなたの成功を心から祈りつつ‥‥≫

SMI公認エージェンシー サクセス・プロデュース東京ベイ
木村 常夫
TEL 043-279-0071
E-mail:smi@smi-tokyobay.com
<禁複製・禁転載>


SMI|SMIプログラム モチベーションアップ 自己啓発 能力開発:WEB TOPページ

SMIブログ モチベーションアップ・自己啓発・能力開発:TOPページ

ブログ記事をSMIモチベーション・メールマガジンとして配信中(PC・携帯)
  SMIモチベーション・メールマガジンお申込みページ

社員の潜在能力活用とモチベーション向上を!-SMIの人材育成・社員研修・社員教育プログラム

Facebookページ:SMI サクセス・プロデュース東京ベイ

Google+ ページ:SMI サクセス・プロデュース東京ベイ

Twitter:SMIプログラム

*当社ではSMIプログラムの販売活動とお客さまのサポートを行うモチベーターを全国で募集しています お気軽にお問合せください。


Copyright (C) 2017 SUCCESS PRODUCE TOKYO BAY CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED



SMIを応援する

  Google+

2017年09月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

About

2017年07月11日 19:14に投稿された記事です。

SMI 無料資料請求・お問合せ

TEL 043-279-0071
受付時間 : 毎日 9:00~18:00

全記事のタイトル一覧

月別の記事 選択ボタン
月別の全記事を表示します

カテゴリー・リスト

カテゴリー選択ボタン
上のボタンをクリックして、リストの中からカテゴリーを選択してください。