« 本番で実力を発揮する方法!本番に強くなる方法!第一の要因と対策 | トップ | 信念は思考の反復によって、自信は行動の反復と勇気ある行動によって獲得できる! »

2016年5月16日

人間の行動にも慣性の法則が当てはまる!人間も動き始めると動き続けようとする!

『人間の行動にも慣性の法則が当てはまる!人間も動き始めると動き続けようとする!』


人間の行動や、スキル・技術の向上、内面的成長にも、「静止している物体は静止し続けるが、動いている物体は動き続ける」という「慣性の法則」が当てはまります。


ニュートン 慣性の法則 イメージ慣性の法則
(ニュートンの運動の第1法則)

「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、運動している物体は等速直線運動を続ける。」


人間も、動き始めると、動き続けようとする傾向があるのです。


最初の一歩を踏み出すと、次の一歩を踏み出すことが容易になります。


一つの前進、向上や成長を遂げると、次のレベル(水準)に到達しようというモチベーションが生まれます


そのモチベーションを活かして動き続けると、前進し続けること、進歩・成長・変化し続けることが可能になります


更に、人間は、モチベーションや意欲という心のエネルギーによって、その行動、前進、進歩・成長・変化、達成と成功加速することさえできるのです!!


もし、あなたが、進歩・成長・変化へ一歩を踏み出したなら、その時が、成長成功を軌道に乗せる絶好のチャンスです


そこで、手をゆるめてはなりません。行動を止めてはいけません。後退し、後戻りしてはなりません。


前進への行動を続けて、進歩・成長・変化を軌道に乗せ、その喜びを味わいながら、モチベーションを強化して、新しい水準の達成、成長と成功加速を実現してください!!


※詳細と具体的な方法は、該当するSMIプログラムを参照し、指示されている行動を実践してください。


▼各SMIプログラム(新規・追加)と、SMIのシステム手帳エグゼクティブ・サクセス・プランナー』(ESP)(本体・補充用紙)のお問合せ・ご相談・お申込みは、当社までお気軽にご連絡ください。

  047-767-0171


★関連記事:

 ▽変化への第一歩を踏み出す勇気とモチベーションを!

 ▽始める勇気!始動する勇気!

 ▽成長している人は、同じところに留まっていない!!

 ▽前進し続けるか?、それとも、逆戻りするか?

 ▽成長は加速する!成功は加速する!

 ▽前進すればするほど、自信と可能性が拡大する!

 ▽変化を選択し、変化を軌道に乗せたら、次の段階は、変化の加速の実現!!


SMIプログラム(新規・追加) お問合せ・ご相談:

 何でもお気軽にお問合せ・ご相談ください。

  047-767-0171


SMIプログラムの「間を置いた反復(R)」と「目標設定」の実践は、あなたのモチベーションを向上させ、潜在能力を発揮させ、あなたのビジネス(仕事)と人生を切り開きます!!


≪あなたの成功を心から祈りつつ‥‥≫

SMI公認エージェンシー サクセス・プロデュース東京ベイ
木村 常夫
047-767-0171
E-mail:smi@smi-tokyobay.com
<禁複製・禁転載>

モチベーション・自己啓発のSMI:WEBサイトへ

モチベーション・自己啓発・能力開発のSMIブログ:TOPページ

ブログ記事をSMIモチベーション・メールマガジンとして配信中(PC・携帯)
 SMIモチベーション・メールマガジンお申込みフォーム


Copyright (C) 2016 SUCCESS PRODUCE TOKYO BAY CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED

2022年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日別記事

2016年5月16日 13:07に投稿された記事です。

ZoomでSMIのご説明 ご予約受付

特別なスライドをご覧いただきながら、分かりやすいご説明を無料でお聞きいただけます!
お電話でのご予約も受付しています。 047-767-0171
受付時間 毎日 9:00~18:00

SMI お問合せ・ご相談

047-767-0171
受付時間 毎日 9:00~18:00
ご質問、Zoomでのご説明予約、お申込み他、何でもお気軽にお問合せ・ご相談ください。
TELイメージ

モチベーションメールマガジン・年間目標設定シートのお申込み

SMIモチベーション・メールマガジン☆無料配信中!(月~金曜日 休日除く)

月別リスト・全記事タイトル一覧

月別の記事 選択ボタン
月別の全記事を表示します

カテゴリー・リスト

カテゴリー選択ボタン
上のボタンをクリックして、リストの中からカテゴリーを選択してください。